値段の平均

婚約指輪の値段は現在では平均的に20万円くらいから30万円くらいの間が主流です。バブル景気のころにはコマーシャルの影響で給料三か月分と言われていましたが、最近では地味に結婚する人も増えてきていますので婚約指輪の平均価格としては落ち着いてきています。 ブランドものでしたらやはり30万円くらいのものが中心となります。ですが、婚約指輪をそこまで高級なものにせず、日常使いを考えている人も増加してきています。その際は値段が少し抑えられます。婚約指輪とともに結婚指輪も贈られるという風習ではありますが、最近では両方の指輪を重ねづけしたいと考える人も増えてきており、そのような重ねづけができるものも売り出されています。

婚約指輪は婚約したということを形にするため、重要なものです。結婚に関するものでしたら婚姻届という法的なものがありますが、婚約したという書式はありませんので婚約指輪はそれに代わるものであるといえます。 そのため、もっとも固いきずなで結ばれるという意味もあり、もっとも固い石であるダイヤモンドを使用することが多いという特徴があります。 プロポーズの際に男性から女性に渡されるものとして長く支持されてきましたが、最近では、デザインにこだわる女性も多くなってきていますので、新郎新婦の二人で選ぶことも多いです。 最近では、世界に一つしかないオリジナルなものを作るために婚約指輪を自分たちで手作りできるジュエリー工房もあります。